カテゴリーなし

健康に害があるので、食べた直後にすべきでない8つのこと

健康に害があるので、食べた直後にすべきでない8つのこと

私たちの日常生活には、その有害な影響に気付かずに行う悪い習慣がいくつかあります。そして、私たちが行うこれらの習慣は、食後のものであり、私たちの健康に有害な影響を及ぼします。私たちが食べた直後に行う私たちの健康に有害な習慣には、次のものがあります。

最初:食事の後に果物を食べる:

果物がこれまでで最高の食料源であることは間違いありません。しかし、食後に果物を食べると、吸収が制限され、消化器系に問題が生じ(消化不良)、食品の栄養価が失われます。果物を食べる最良の方法は、空腹時またはしばらく食事をした後です。

 

2番目:喫煙:

彼は食後のたくさんの喫煙が好きではありませんか?しかし、これはあなたが自分でできる最悪のことです。あなたが食べるニコチンは酸素と混ざり合い、多くの問題を引き起こします。つまり、血液中のヘモグロビンと化合物を形成し、腸に影響を与えるなど、体の重要な部分への酸素の供給を妨害し、炎症を引き起こし、腸がんを発症する可能性を高めます。したがって、あなたはあなたに大きな害を与えるこの習慣を取り除く必要があります。喫煙は、私たちが食べた直後に行う健康に有害な最悪の習慣の1つであることがわかりました。

 

第三に:食事の直後に眠る:

私たちの何人かが好む最も良いことは、食事の直後に寝ることです。一度食事をすると消化するのに時間がかかります。睡眠は消化の障害であり、内部運動の問題です。その結果、多くの人が鼓腸、痛み、痛み、疝痛などに苦しんでいます。

 

4番目:シャワーを浴びる。

食べた後にシャワーを浴びることは大きな間違いです。シャワーを浴びると体温が上がり、血管が拡張し、心臓が全身の皮膚に大量の血液を送り込みます。これは心の奴隷であり、時にはそれに対する危険を構成します。また、心臓から送り出される血液が不足しているため、腸の働きにも影響を及ぼします。したがって、食事の1時間後に投資することをお勧めします。

 

5番目:食べた直後の飲料水:

水は私たちの生活に欠かせない役割を果たしています。水分を補給するためには定期的に水分を摂取する必要がありますが、食事の直後に水分を摂取すると、酵素の働きや消化液の分泌が妨げられ、膨満感や酸味が生じます。といくつかの腸の痛み。

 

 6番目:ズボンのベルトを緩めます:

食べて満腹の段階に達し、ベルトを緩めると、多くの問題が発生します。ベルトリリース段階に入ると、間違いなく完全にロードされています。ベルトを外すと、胃の周りの圧力が変化するため、胃の働きや消化プロセス、健康上の問題の発生が妨げられます。

 

7番目:食べた直後にお茶とコーヒーを飲む:

私たちの多くは食事の直後にお茶やコーヒーを飲みますが、お茶は体が鉄分を吸収するのを防ぐ働きがあるため、これは間違いです。鉄の吸収は87%に抑制され、これは体内の鉄欠乏、ひいては貧血につながります。

 

8番目:演習:

専門家は、食事の直後に運動しないようにアドバイスしています。満腹時に運動すると、嘔吐、吐き気、しゃっくりを引き起こす可能性があります。深刻なけいれんが発生する可能性があります。また、運動が必要な場合は、軽く歩くことが望ましいです。

 

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Back to top button